LDK、DK、Kの違い -葛西の不動産屋の豆知識- | 葛西・西葛西周辺の不動産をお探しなら共栄商事株式会社にお任せ下さい。

管理物件多数!共栄商事株式会社

営業時間9:30~18:00(日曜9:30~17:00)定休日水曜日・祝日・第3木曜日

LDK、DK、Kの違い -葛西の不動産屋の豆知識-

 新居を選ぶ時、『1K』『1LDK』『2DK』など、

 最初に間取りタイプで候補を絞るお客様がとても多いです。

 でもこれは勿体ないことをしている可能性があります。

 

 そもそもこの表記、何のことだかお分かりでしょうか?

 

 このアルファベットは何の略かと言いますと、

『L』は『リビング』のことで、居間です。

『D』は『ダイニング』のことで、食事をする場所です。

『K』は『キッチン』のことで、台所です。

 

 あぁ!その部屋の用途で分かれているのですね!と思いきや、

 厳密には違います!

  

 この表記は、

 キッチンのある部屋の広さによって違います。

 ↓↓のように基準が定められているのです。(※)

  

 シングルタイプ(居室が1部屋)は、

 LDKは8畳以上、DKは4.5畳以上、Kは4.5畳未満

 ファミリータイプ(居室が2部屋以上)は、

 LDKは10畳以上、DKは6畳以上、Kは6畳未満

  

  

 お部屋を検索すると、

 『DK』か『LDK』で、賃料が大きく変わること多くないですか?

 でも、ファミリータイプなら

 9.9畳は『DK』、10畳は『LDK』です。

  

 『DK』の中に『LDK』と遜色ない使い勝手の良い部屋があるかもしれません。

 ご希望が『LDK』でも、是非『DK』を選択肢に入れることがおススメです。

 良い出会いがあるかもしれませんよ。

  

  

 ※(公社)不動産校正取引協議会連合の指導基準(2011.11.28付通達)

投稿日:2020/06/02   投稿者:-